シドニーでの
暮らし第3編
シドニーでの暮らし
トップページ
シドニーでの暮らし第1編 シドニーでの暮らし第3編 シドニーでの暮らし第4編
1クリーン・ナップ・オーストラリア 2ロイヤル・イースター・ショウ 3アンザック・デー

1クリーン・ナップ・オーストラリア

 毎年3月の第1日曜日にClean Up Australiaという行事がオーストラリア全土で行われています。今年は3月4日(日)です。オーストラリア全土でゴミ拾いが行われます。1986年にヨットマンだったIan Kiermanがオーストラリア代表としてヨットレースに参加したとき海の汚染に気が付き、1989年クリーン・ナップ・シドニー・ハーバー・キャンペーンを組織し行ったところ4万人のボランティアが5千トンのゴミを海岸線から回収しました。それ以降毎年3月の第1日曜日にオーストラリア全土で行われるようになりました。今年が13回目です。

シドニー日本人会も記念行事としてクリーン・ナップ・オーストラリアに参加しました。

このようにオーストラリア各地でゴミ拾いが行われます。

最初に戻る。

2ロイヤル・イースター・ショウ
 イースターはキリスト教の行事で、キリスト教徒にとって最も重要な日の1つです。キリストの復活を記念する祭りです。日は1ヶ月の幅で変動します。太陰暦の影響も受けていて春分の日(北半球)以降の満月の最初の日曜日がイースターです。ですから3月20日過ぎから4月の25日頃まで1ヶ月も変動します。イースター・エッグが使われますが、卵は陰陽にちなんだ再生を象徴しています。2001年のイースターは4月15日(日)です。北半球では、春の到来を告げる意味もありますが、シドニーでは秋の収穫祭の意味もあります。
 このイースターの時期に行われるロイヤル・イースター・ショウはシドニー最大のお祭りです。オリンピックの行われたホームブッシュ・ベイにあるショウ・グラウンドでロイヤル・イースター・ショウが行われます。


木こり大会1 ハンマーで太い丸太をどれだけ早く切ることができるか争います。

ボール投げ 後ろにあるピエロの口にボールを投げ込みます。

ミニ電車 州立鉄道の催しでミニ電車に乗ることができます。

ファッション・ショウ このようなファッション・ショウも行われます。 

木こり大会2 今度は木に切れ目を入れ板を挟んで上に上がりながら上の方をハンマーで切り落とすものです。

ドック・ハイ・ジャンプ 犬のジャンプを争います。

最初に戻る。

3アンザック・デー
 4月25日はアンザック・デーです。1901年イギリスから独立したオーストラリアは、当初はそれぞれの旧植民地の意識がまだ強く、オーストラリアとして1つにまとまっていませんでした。独立してまだ13年しか経っていない1914年に第1次世界大戦が勃発しました。オーストラリアは8月5日にドイツに宣戦布告をして連合国側に立ってドイツなどと戦いました。翌年1915年4月25日にANZAC軍(オーストラリアとニュ・ージー・ランド連合軍)がダーダネルス海峡の北にあるトルコが占領していたガリポリに上陸しました。この上陸の際に多くの犠牲者を出しましたが、この快挙を通してオーストラリアとして1つにまとまり、オーストラリア人としての意識が出来たといわれます。この記念すべき日を祝日としています。
 この日には下の写真のように第1次世界大戦だけでなく第2次世界大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争などに参戦した軍人を祝福し、犠牲者の慰霊を行います。朝からシドニー市内を退役軍人を中心にパレードが行われ、テレビ中継が行われています。親日的といわれるオーストラリア人ですが第2次世界大戦で日本と戦い、犠牲者も出していますので、この日だけは日本人に対して厳しい目が向けられ、日本人は外へ出ない方が良いと言われていました。私は友人と恐る恐るシドニー中心部へ行ってパレードを見てみました。白人にとって敵であった日本人とそうでなかった韓国人・中国人の区別はつけられないので言われるほどのことはなかったです。でも日本人とハッキリ分かるようなことがあるとどうなるか分かりません。


パレード

パレード

マーチンプレイスの慰霊碑

パレード
マーチン・プレイスの慰霊碑
アンザック・デーの当日はこのように献花が多く、人が絶えません。

最初に戻る。