クーバー・ぺディ1 南オーストラリア州にあるオパールの最大の産地

南オーストラリア州トップ クーバー・ペティ2 クーバー・ペティ3 クーバー・ペティ4


 アデレードから北西へ848キロ行った内陸にあるのがこのクーバー・ペディです。クーバー・ペディとはアボリジニ言葉のkupa pitiが英語化されCoober pedyとなりました。その意味はWhite fellow in a hole 穴の中の白人の仲間?という意味です。クーバー・ペディのあるあたりは乾燥した不毛の大地です。この不毛の大地で1915年2月1日Jim Hutchison と彼の14歳の息子Williamなどがオパールを発見しました。それは偶然の出来事で彼らは水脈を探索していたのですが息子Williamは地面を見ていたときにオパールの入った石を発見しました。、現在では世界のオパールの70%も生産しています。
 クーバー・ペディのあるあたりは夏は45度になり、そして夜には急激に冷え込みます。そこで地下に住まいや施設を作り済んでいる人が多く人口の約半分が地下生活をしています。地下の中は年中24度に保たれます。粘土質のため、簡単に掘ることができます。オパールの鉱山で採掘、選別を行っているのは東ヨーロッパからの移民が多く、一攫千金を夢見て重労働に励んでいます。そして、発見されたオパールを安く買い上げ市場で高く売るのが中国系バイヤーです。



クーバー・ペディに向かう飛行機から見たクーバー・
ペディの町、町の周りは乾燥した大地が広がってい
ます。


クーバー・ペディの空港ターミナル ターミナルとは思
えない建物ですがターミナルビルです。搭乗手続きも
します。



クーバー・ぺディは南オーストラリア州の内陸部に
あり、スチュワート・ハイウェイの重要な中継地で
す。


クーバー・ぺディは重要な中継地のためガソリンス
タンドもあります。写真のガソリンスタンドはBPとい
い日本では見られません。

銀行や酒屋もあります。クーバー・ぺディという
と全ての施設が地下にあるように思いますが
違います。


クーバー・ぺディにある最も立派なホテル デザート・ケ
ーブホテルです。ここに泊まりましたが、ここでは地下に
泊まることができますが、予約の手違いで泊まれません
でした。

クーバー・ぺディにある地下教会の入り口 
半地下方式になっています。

地下教会の中です。

地下の本屋 クーバー・ぺディには色々地下に
ある施設があります。

地下の本屋 クーバー・ぺディには色々地下に
ある施設があります。