南オーストラリア州SA誇り高き自由移民の州

 南オーストラリア州はオーストラリアで唯一自由移民によって建設された植民地です。そのため、南オーストラリアの人たちはその自由移民の子孫ということに誇りを持っています。南オーストラリアでは、オーストラリア各地に先駆けて先進的なことを導入してきました。1856年には世界最初の普通選挙(男子のみ)と秘密選挙が実施、1873年に1日8時間労働制を導入、1892年女性に選挙権を与えるなどたくさんあります。
 南オーストラリア州は日本の2.6倍もある広大な州ですが人口が約146万人でしかもその大部分が州都アデレードに集中していますからアデレードを過ぎると人口の希薄な地帯が広がります。特に北部や西部は乾燥地帯が広がり、一部の町を除いて殆ど人が住んでいません。そのため、豊かな自然が残されているといえましょう。
 州都アデレードは中心部の周囲を緑地帯で囲まれた緑豊かな町です。残念ながら日本から直行便がないので、オーストラリアの中でも日本から最も時間的に遠い場所です。豊かな自然を求めて南オーストラリア州へ旅しましょう。

South Australia Tourism Commission

みどころ

アデレード 南オーストラリア州の州都。自由移民によって作られた誇りある町。
バロッサ・バレー ドイツ移民によって作られたワインの産地。オーストラリアを代表するワインの産地。
クーバー・ぺディ1 南オーストラリア州北部にあるオパールの産地。灼熱の土地にあるのでオパール抗跡を利用した地下施設が数多くあります。
クーバー・ペディ2
クーバー・ペディ3
クーバー・ペディ4
フリンダース・レンジ1 フリンダースレンジの南端に位置する牧羊農家。
フリンダース・レンジ2 南フリンダース・レンジの中心、ウィリペナ・パウンド
フリンダース・レンジ3
フリンダース・レンジの西の町パルチルナ
フリンダース・レンジ4 古生代の造山運動によってできたフリンダース・レンジ
フリンダース・レンジ5 ワイルド・フラワーの咲くフリンダース・レンジ
オリンピック・ダム オーストラリアの中でも比較的新しい鉱山
ロキシビー・ダウンズ オリンピック・ダム鉱山の住宅都市
アンダムーカ1 オパール採掘体験
アンダムーカ2 アンダムーカの住居
アンダムーカ3 オパール鉱山と墓地
アンダムーカ4 オパール販売店
アンダムーカ5 開拓当時の鉱夫の家

面積 98万4000ku(日本の約2.6倍)
SAの州旗
人口 約146万人(神戸市とほぼ同じ)
州都 アデレード

歴史 

1836 イギリスからの最初の移民団がカンガルー島に到着。南オーストラリア植民地成立。 1856 世界最初の普通選挙実施。男子のみ。
1861 西に拡大し、東経129度が境に現在の州境。 1901 オーストラリア連邦成立、南オーストラリア州に。
1911 クバー・ペティでオパール発見。

 
SAのベスト・シーズン  旅行の参考にして下さい。

南オーストラリア州から情報を発信しています。詳しくはこちらへ