ウェイパ 1 世界最大のボーキサイト鉱山

ウェイパ2へ

 ウェイパは、クィーンズランド州の北にあるヨーク岬半島にある世界最大のボーキサイト鉱山のある町です。クィーンズランド州北部の交通の中心ケアンズから1日1便の飛行機が出ています。所要時間1時間でケアンズからウェイパに着くことが出来ます。オーストラリアの田舎へ行くと交通手段は限られてきます。そのようなことを知らなかった私はウェイパの空港で途方に暮れていました。ウェイパまで来る人はそこに住んでいる人か、鉱山関係者だけです。私のように観光で行く人は皆無です。そのため市内にあるタクシーも数台しかありません。一緒に乗ってきた人たちは空港に止めてあった自家用車や出迎えの自動車でそれぞれ市内へ向かっていきました。空港から市内のホテルのあるところまで歩けるような距離ではなく、空港の公衆電話からタクシーを呼んだのですがなかなか来ません。困っているところに右の写真のエンジニアをしているパークスさんが声を掛けてくれ一緒に彼の借りたレンタカーで市内へ行くことになりました。その日の2時間ほど彼と一緒にレンタカーでウェイパを回りました。ウェイパなどオーストラリアの田舎へ行くときは必ず空港でレンタカーを手配しておかないといけないですよ。
 ウェイパのあるヨーク岬半島は熱帯林が生い茂っています。訪れたのは8月で乾季の時期です。ユーカリの森の中にたくさんの蟻塚があります。

 このように蟻塚がたくさんあります。

 これはまだ小さな蟻塚ですね。彼がパークスさんです。

 蟻塚をアップするとこんな感じです。

 道路の両側にはユーカリの森が広がっています。

 ウルワース(オーストラリアを代表するスーパー・マーケット)もあります。

 何もないウェイパではゴルフが数少ない楽しみです。