クィーンズランド州QLD美しい海の広がる

 クィーンズランド州は、西オーストラリア州に次いで大きな州です。日本の約4.5倍もあります。このような広大な州ですから色々な地域が存在します。大きく分けて3つに区分できるでしょう。
東海岸
 1つは東海岸です。沖合には世界最大の珊瑚礁グレート・バリア・リーフが延びています。この東海岸に人々が殆ど集まっています。州都ブリスベンは州の南東部の端にあり、場所としてはやや偏った場所にあります。クィーンズランドで最初に植民が行われた場所であり、その後も州の中心として栄えてきました。このような偏りからタウンズビルを中心とする北部地域が分離独立を目指したこともあります。
グレート・ディバイディング山脈 
 東海岸の西にはオーストラリア大陸東部を南北に走る大山脈グレート・ディバイディング山脈が走っています。山脈といっても古期造山帯に属し、シドニーやその南部と違ってかなり侵食が進んでなだらかです。各地で石炭が取れ、日本にも輸出されています。
内陸部
 最も広い面積を占める地域ですが、乾燥した大地が広がっていて人口も希薄になります。

みどころ
マウント・アイザ クィーンズランド州西部にある鉱山都市、地下1500mまで訪れることができます。
ウェイパ1 ヨーク岬半島にあるボーキサイトの鉱山都市。世界最大のボーキサイト鉱山です。ボーキサイトはアルミニウムの原料です。
ウェイパ2
フレーザー島 ブリスベン北東部に浮かぶ砂だけでできている島。世界遺産にも指定されています。

面積 172万7200ku(日本の約4.5倍)
QLDの州旗
人口 約311万人(横浜市とほぼ同じ)
州都 ブリスベン

歴史 

1824 現在のブリスベンに初めて入植する。 1859 QLDがNSWから分離、独立。
1862 西に拡大し、東経138度が境に現在の州境。 1874 木曜島に最初の真珠貝採取日本人が移民。
1896 タウンズビルにオーストラリアで初めての日本領事館開設。 1901 オーストラリア連邦成立、クィーンズランド州に。

QLDのベスト・シーズン ゴールド・コースト、ブリスベンケアンズ 旅行の参考にして下さい。

トップページへ戻る。