ポート・アーサー 「囚人の囚人」を収容する刑務所

 ポート・アーサーはタスマン半島の先端部にあります。イギリス本土で犯罪を犯し、流刑民としてシドニーに運ばれてきた囚人たちの中で更にシドニーで犯罪を犯した人たちを収容する刑務所がタスマニア島に作られることになりました。1830年現在のポート・アーサーに刑務所が作られました。1930年に刑務所として使われ始めました。しかし、1850年代に囚人が減少し始め、1877年に刑務所は閉鎖されました。その後の出火よって施設は壊滅的な打撃を受け歴史から忘れ去れれてしまいました。1927年にようやく州政府や連邦政府が900万ドルと7年の歳月をかけて修復作業が行われました。現在ではポート・アーサーはタスマニアを代表する観光地となりました。このポート・アーサーで1996年4月28〜29日にオーストラリア史上最悪の銃撃乱射事件が起きました。