1カウラ(Cowra)  第二次世界大戦中、日本人捕虜の脱走 事件があった。

 カウラは、シドニーの西約250qにある町です。このカウラは日本とオーストラリアの関係を語る上で忘れることのできない場所です。1944年8月5日つまりあと1年で太平洋戦争が終わろうとしていた冬のある日事件は突然起こりました。このカウラには、カウラ捕虜収容所があり、太平洋戦争で捕虜となった日本人やドイツ人イタリア人が収容されていました。戦争が長引くにつれ捕虜の数も次第に増え、一部を他の収容所へ移送することが決定しました。それを聞いた日本人捕虜の間で脱走の話が進み、1944年8月5日午前2時南忠男(仮名で全ての人は本名を名乗っていません。日本人捕虜の第1号でダーウィンを空襲したときに撃墜され捕虜になりました。南忠男とは日本の南へ行って天皇に忠誠を尽くす男という意味を込めて付けたそうです。)のラッパの合図で集団脱走を試みた。捕虜である彼らには当然武器らしい武器を所持しているはずもなく、食事用に供給されたナイフやフォークを持って監視兵の機関銃座や守備兵の兵舎へと押し寄せていった。この脱走事件でオーストラリア人4名を含め合計234名の死者と108名の重傷者を出しました。捕虜収容所跡は、今は牧草地が広がり、建物は残っていない。この捕虜収容所跡から南西に数q行ったところ日本人墓地があります。
 この脱走事件でオーストラリア人4名を含め合計234名の死者と108名の重傷者を出しました。捕虜収容所跡は、今は牧草地が広がり、建物は残っていない。この捕虜収容所跡から南西に数q行ったところ日本人墓地があります。この脱走事件で亡くなった234名はここで眠っている。
 毎年10月の初旬の桜が満開になる頃に桜祭りが行われます。日本庭園でも盛大に催しが行われますが、その時にこのカウラ事件の犠牲者の慰霊式が行われます。シドニー日本人会もバスで桜祭りと慰霊式に合わせてカウラを訪れます。式では在オーストラリア大使やシドニー総領事が日本政府を代表して式に参加し、日本人、オーストラリア人犠牲者の慰霊をします。
 捕虜収容所のあった場所は、今では何も残っていません。看板がなければ、かつてここに捕虜収容所があったとは分かりません。詳しくは文芸春秋文庫中野不二男著「カウラの突撃ラッパ」をご覧下さい。
 カウラは、この第二次世界大戦中のカウラ事件をきっかけに今でも日本との関係の深い場所の1つです。市内には本格的な日本庭園も造られ、日本庭園と捕虜収容所跡を結ぶ通りに「SAKURA AV.」と命名され、道路の脇に日本とオーストラリアからの寄付金で桜の植樹がされています。



捕虜収容所のあった場所

日本人墓地入り口

日本人犠牲者慰霊碑

唯一実名の分かっている南忠男さん(本名豊島一さん香川県出身です)の墓

オーストラリア人犠牲者の墓

毎年桜の開花時期に行われている事件犠牲者の慰霊式

慰霊式でオーストラリア人犠牲者に献花

日豪の交流のため作られた「SAKURA AVE. さくらアベニュー」

このような本格的な日本庭園があります。

日豪の交流のためにさくらアベニューなどには日本人とオーストラリア人の寄付によって桜並木が作られています。

1、000ドル寄付すると日本人とオーストラリア人が一緒にプレートに名前が刻まれます。



最初に戻る。