ニュー・サウス・ウェールズ州NSW

NSWのページ 東海岸セントラル・コースト、
ハンター・バレー編
東海岸北部編 内陸部北部編
内陸部中央部編 内陸部南部編 内陸部最西部編

NSW内陸部 西部編

リートン  オーストラリアの米作地帯

 オーストラリアは世界で10番目の米輸出国である。オーストラリア国内では、ニュー・サウス・ウェールズ州だけで米作りが行われている。その中心がリートンである。リートンは、シドニーから西へ約500q行った内陸地帯にある。年間降水量300から500oととても乾燥しているので本来は、水の必要な米作には向かない土地である。ここでに灌漑により米作が行われている。1枚の水田が50haつまり700m四方ととても広い水田が見られる。
 オーストラリアの米作りは、日本人高須賀穣によって始まった。1905年オーストラリアへやって来た高須賀はビクトリア州北部のニュー・サウス・ウェールズ州との州境に近い土地で米作りを始めた。1921年にようやく苦労が実り米作りに成功した。
 写真は、12月下旬の様子で、青々とした稲が育っている様子が分かります。


ニュー・サウス・ウェールズ州へ戻る。