キャンベラ 国会議事堂
 オーストラリアの首都はキャンベラです。キャンベラの市内中央にあるグリフィン湖の南側は政治の中心地です。その中心にあるのが1988年にできた現在の国会議事堂です。国会議事堂を中心に同心円状と放射状の道が造られています。国会議事堂は高さが低く設計されています。これは権力を誇示しいためです。その建物の中央部に高さ81mの国旗掲揚台が立っています。ステンレス・スチール製では世界最大の物です。

シドニーのあるNSWからキャンベラのあるACTに入るとここからACTであることを知らせるために建っています。 国会議事堂からWar Memorial を見た方向。奥の山のしたに見えるのがWar Memorialです。その間にあるのが旧国会議事堂。
下院です。下院の色はこのような緑色になっています。 上院です。上院もこのようなワインレッド色になっています。
ロビーは48の大理石の円柱と精密な大理石細工の2つの開眼があります。ユーカリの森をイメージさせます。